つなぎ融資の代わりに親から借りるのがいい?

住宅が完成するまでの間、工事費として支払うための資金を一時的に借りる、それがつなぎ融資です。
後々住宅ローンで全額返済しますので、完済のアテはしっかりしているのですが、一般的にこのつなぎ融資の金利は、住宅ローンの金利よりも高く設定されていることがほとんどで、さらにつなぎ融資の申し込みに際しても、各種手数料等が発生しますので余分な出費がかさんでしまうことは間違いありません。
なかなか難しいかもしれませんが、もしも親御さんなどが資金を一時的に建て替えてくれたりできる状況であれば、お願いしてみるのもひとつの手です。
もしそれが可能であれば、住宅の取得に際してかなりの金額節約できることになるでしょう。
金利を減らすのはローンにおいて、もっとも重要なことです。